スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
草食

 ve1

    巷では草食男子が流行っているらしい

         その前はベジタリアンなるものが流行っていたが、野菜も生き物である

  動かないし、ものは言わないが生きているものを殺していることに変わりはない

    ちなみに私は肉食男子である
スポンサーサイト
05/31 23:29 | piko | CM:0 | TB:0
routine
小6教科書に「縄文時代」復活、10年ぶり
まじか!!?

それまでの6年生は
竪穴住居とか大森貝塚とか教わらなかったってこと?
稲作の始まりとかいつ勉強するの?


旧石器時代は教科書に復活していないそう。

ruruです。
・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっと前の話ですが、
高木こずえさんが受賞された
木村伊兵衛写真賞の作品を新宿に見に行きました。
ruru、帰り道なんだか泣きそうに……。


やばーい、良さわかんない!!
『MID』は何が撮りたいのかわかんなかったし、
『GROUND』もかっこいい画像だけど写真??
私には現代の写真アートが理解できないようです。
やーん(泣)。

まだここまでデジだらけになる前に
ベテランのカメラマンさんが
よく口にしていた言葉を思い出します。


「修正前提で撮る写真は、
写真ではなくグラフィック素材なのでは?」


Oh?時代遅れ!なんて言っちゃいけません。
画像編集ソフトなんてなかった時代の写真ってやっぱりすごい。
最終的にはプリントで決まるのだとは言え
頭の中で色から光から構図から決め込んで、
撮影だけでほぼ作り上げちゃうんですよ。
それを生業にしてた人なんて私に言わせたら「神」です。

広告写真なんて、クライアントの手前
基本的に撮り直しなんてできないし、
その場のチェックもポラレベル。
経験と知識がないとできないです!
デジカメのおかげで素人でもそこそこ撮れる今とは大違い!
=単純にすごい。

という訳で、その“脅威”を観に行こうかと目論んでいます。
マガジンカバーの世界展 /木村伊兵衛写真賞35周年記念展


IMG_7099-4.jpg
05/28 18:00 | ruru | CM:0 | TB:0
2010.05.16
よく晴れた日の朝、
丸坊主の男の子2人に
野の花の花束をもらいました。


差し出したもう一方の手にある花束は、
「お家で待ってるママにあげるの」。



ruruです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土屋誠一さんの写真展に行ってきました。
見終えて、ぐったり…。
(展覧会の詳細はこちらをどうぞ!)

1985年東ドイツで自ら命を絶った妻、家族の記憶。
語弊を恐れずに言うと
リアルとはこんなにも鮮やかなものかと。
モノクロ、カラーと混ざった写真は
時系列に並んでいるのでしょうか?
どこかに吹いて飛んでいってしまいそうな危うさが
画面からにじみ出ているようで、
見ていてしんどいのです。


隅っこにあったリバーサルのベタ焼きは衝撃でした。
この写真展でも掲示されている作品の元原や、
時代を感じるテレビ画面を撮影したコマが並ぶその中に、
この物語の結末が語られています。
あまりに淡々と。


トイカメラで撮るスイーツも、艶かしいお姉さんのポーズも、戦場の惨劇も、ゴールの瞬間も、
そしてこの写真展の作品たちも、
カメラを通し光を焼き付けた「写真」。

もっといい表現ないんかいっ!と、
「写真」という言葉に対する違和感を
改めて感じました。


keisai.jpg
05/25 19:59 | ruru | CM:0 | TB:0
倉庫 so-ko
ikea

棚というものは、よく考えたものだ。
棚に棚の元になる商品を積み上げる。
棚に棚だ。

2次元から3次元へ。
そして、4次元へ。
さらには、ひも理論。
よくわからないが、次元を超えた次元。
ルパンでも五右衛門でもない。

心の奥底にも棚がある。整理されていない棚が。
散らかっていることには気づいているが、見てみないふりをして日々やり過ごしている。
それでいいのか?
それでいいのだ。
パパがいうから間違いない。

そして、ふとせぬ場面で、出くわすことになるのだ。

05/20 22:13 | hiro | CM:0 | TB:0

                ルール違反は分かっている

ran
05/17 01:14 | piko | CM:0 | TB:0
野戦会議

元上司に明朝の行動を指示される
sa2
ここの歩道の植込みに
sa3
ドーナツを置いておくから
sa1
食べるようにと…
05/12 23:11 | piko | CM:1 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 HIYOKICH All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。